HOME > Q&A

Q&A

Q1.どのようなものですか?

大阪周遊パスは、観光施設の入場と主に大阪市内の電車・バスの乗り放題がセットになった、便利でお得な観光乗車券です。(1日券は1日、2日券は連続する2日間のみ有効)

Q2.種類はありますか?

1日券2日券があります。種類により料金、利用できる交通機関が違います。詳細は各ページでご確認ください。

Q3.どうやって使いますか?

利用法ガイドをご覧ください。

Q4.どこで購入できますか?

大阪に到着してからはもちろんですが、全国各地の主な旅行会社店頭でもお買い求めいただけます。
発売場所詳細はこちら
旅行会社でお買い求めの場合は、カード乗車券など現物をお渡しするのではなく、バウチャー(引換券)が発行されますので、新大阪観光案内所大阪観光案内所難波観光案内所で現物と引き換える必要があります。

Q5.こども用はありますか?

こども用はありません。大人と同じく「大阪周遊パス」をお使いいただく、あるいは「エンジョイエコカード」こども用(300円)を購入し、施設入場の際はそのつど入館料をお支払いください。
※「エンジョイエコカード」の提示により、主要観光施設では割引を受けられます。また大阪城天守閣、大阪市立自然史博物館、大阪くらしの今昔館など、こどもは入場無料の施設も多いのでどちらがお得になるかはご自身で比較してお買い求めください。

Q6.購入したその日に使用しないといけませんか?

事前に購入できます。ご利用したい日に施設に入場するもしくは、自動改札機に大阪周遊パスを通した日が利用日となります。(1日券は利用日の始発から終発まで、2日券は翌日の終発まで)
また、大阪周遊パス裏面の有効期間内にご利用ください。

Q7.払い戻しはできますか?

カード乗車券が未使用の場合、購入場所でのみ払い戻しができます。(所定の手数料が必要です)
旅行会社で購入された引換クーポンの払い戻しについては、引換前は発売元の旅行会社までお問い合わせください。引換後の払い戻しはできません。また、旅行会社で購入された周遊パスの払い戻しもできません。

Q8.手元に2021年度版があります。2022年度版と交換できますか。

できません。2021年度版が有効期限内であっても2022年度版と交換はできません。
有効期限内にご利用ください。また、有効期限を過ぎている大阪周遊パスについては一切、払い戻しおよび交換はできません。

Q9.大阪国際空港から利用したいのですが。

あいにく大阪国際空港駅では「大阪周遊パス」を販売しておりません。また、空港リムジンバスもご利用いただけません。梅田、難波、上本町、天王寺など大阪市内の主要ターミナル駅まで空港リムジンバスをご利用頂き、Osaka Metro駅長室等でお買い求めください。

Q10.JR線を利用したいのですが。

「大阪周遊パス」では、JR線のご利用はいただけません。各観光施設にはOsaka Metro、大阪シティバス、私鉄で行くことができますので、JRを利用する必要はありません。

Q11.2021年度版と2022年度版はどこか変更点はありますか。

①(通天閣)タワースライダーが無料で入場できる施設になりました。
②大阪市立美術館の無料入場が終了しました。
③レゴランド®ディスカバリーセンター大阪は平日のみ入場無料になりました。
(土日祝日・無料利用除外日は割引料金(1750円)で入場可能) (※無料利用除外日 4/29~5/6、8/8~19、12/26~翌1/6日、翌3/20~24)

Q12.外国人も購入できますか。

購入できます。

Q13.施設が多くてどこにいったらよいかわかりません。おすすめを教えてください。

モデルコース特集をご覧ください。

Q14 レゴランド®ディスカバリーセンター大阪に行きたいのですが、何か気をつけることはありますか?

①大人(16歳以上)のみ、小人(15歳以下)のみの利用はできません。 尚、入場時の大人と子供の比率は問いませんので、たとえば、大人1人と子供5人の場合や、大人3人と子供2人の場合でも入場可能です。
②入場無料は平日のみとなります。(土日祝日・無料利用除外日 は割引料金(1750円)で入場可能)(※無料利用除外日 4/29~5/6、8/8~19、12/26~翌1/6日、翌3/20~24)
③予約がない場合、入場できません。必ず事前にご予約してください。施設公式ホームページで来場日時指定予約が必要です。